釣りシーズン到来!4月に釣れる魚。



 

気温も上がり、いよいよ本格的な釣りシーズンに入る4月。

海水温はまだ低いままですが、この時期からは「乗っ込み」と言われる、産卵前に体力を蓄えるために荒食いを始める魚種が出始めるので、狙える魚種は増えてきます。

今回はそんな4月に釣れる魚たちを紹介したいと思います。

3月はこちら

【3月にルアーで釣れる魚】

2018.03.02

 

シーバス

 

シーバス

 

シーバス」も4月から本格的に深場から帰ってきた個体が、バチ抜けシーズンに入りますので比較的釣りやすいターゲットになるでしょう。

この時期のシーバスは「バチ」と呼ばれるイソメゴカイ類に着くことが多いので、ルアーで狙うなら「ワーム」や細長いシルエットの「ミノー」や「シンペン」を使うのが有効です。

 

「バチパターン」のシーバスについてはこちら↓

【バチ抜け】春のバチパターンのシーバスを攻略!

2018.03.27

 

メバル

 

 

メバル」もこの時期はまだ釣れ続けて、4・5月は良型の出やすい時期になりますので、夜の漁港や磯場にはメバリングの方々がちらほら見られます。

最近は「プラグ」で釣るスタイルが人気のようで、釣具屋さんでもメバル用のプラグが多くなりましたね~。

 

アオリイカ

 

 

エギンガー待望の春の「アオリイカ」の時期です!

ハイシーズンは4月下旬~5月になりますが、4月上旬にも「コウイカ」狙いでアオリが釣れたりすることもあるので、エギンガーの皆さんはぜひ狙ってみてください。

春のアオリイカは個体数も少なくなかなか釣れるものではないので、根気よく通いつめましょう。

のんびりとしたい方なら「ヤエン釣り」で狙ってみてもいいかもしれませんね。

 

チヌ(クロダイ)

 

チヌは3月下旬頃から乗っ込みシーズンに入り、浅瀬に寄ってくるので4月は狙いやすい時期です。

基本的にはエサ釣りで狙われる魚ですが、最近ではチニングなる釣りもあるらしく、ルアーで狙ってみても面白いかもしれません。

引き味もよく専門的に狙う方も多い人気の魚種です。

 

マダイ

 

マダイもチヌと同じく乗っ込みの時期になります。

船釣りのイメージが強いマダイですが、磯場からでも狙うことが出来る大物です。その豪快な引きと美しい魚体で大人気のターゲット。

オキアミをエサにした「カゴ釣り」や、「タイラバ」で狙うことが出来ます!

 

ボッチ
ちなみに私はショアからのタイラバに興味があり、今年のシーズンで少し試してみようと思っています。確率はかなり低いでしょうが。

 

青物(ハマチ・ヒラマサ)

 

 

青物などの回遊魚も春の4~5月に回遊してくる地域があります。

狙うならとにかく実績のある場所。地元の釣具屋さんや釣り場で出会った人から情報を集めるのが最も釣果に繋がりやすいです。

 

秋に比べるとなかなか釣りづらい時期ですが、青物の引きは病みつきになるほどの魅力があるので、ぜひ皆さんもチャレンジしてみてくださいね!

 

【結局何時がいい?】ショアジギングで狙うべき時間帯。

2018.04.11

【ショアジギング】青物狙いでオススメのメタルジグをいくつか紹介

2018.04.01

 

まとめ

 

上記の魚種以外にも「アジや「サゴシなど、様々な魚が釣れ始める4月。

我々釣り人にとってはうれしい時期ですが、この時期は結構混雑する釣り場が多くなります。

駐車場問題やトラブルなど無いようにマナーを守って楽しく釣りをしましょう。

それでは(‘ω’)ノ

【山陰釣り場紹介】島根の隠れた好ポイント?!「大芦漁港 ニレギ波止」

2018.04.24

アオリイカよりも美味しい?!<コウイカ>をエギングで釣ってみよう!

2018.03.07

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です