1人で釣りに行ってばかりのボッチが単独釣行のメリット・デメリットを書いてみる



 

こんばんは!ボッチです(‘ω’)ノ

 

突然ですがみなさんは「1人で釣りに行く派」ですか?それとも「友人たちと複数で行く派」ですか?

 

ほとんどの人たちは同じ趣味を持つ友人・知り合いと釣りに行かれると思います。しかし、人間が複数集まると、何かと合わないところや、いろいろと気を使う場面が出てくるものです

 

それに疲れた人たちが行きつく先が1人での「単独釣行」です。が、1人での釣りにはメリットも多いですが、気をつけなければいけないこともたくさんあります。

 

そこで今回は、単独釣行によるメリット・デメリットを、1人釣り上級者のボッチが書き上げていきたいと思います!

 

ボッチ
一緒に釣りをする人がいない方には参考になるかも。

 

単独釣行によるメリット

 

時間の制約がない

 

世の中いろんな人がいます。朝がメチャクチャ早い人、逆に朝に弱い人。時間はキッチリ守る人、時間にルーズな人。

自分と全く同じ感性の人なんていませんから、他人と何かをするときはお互いにどこか我慢をしているはずです。

中でも私が一番苦手なのが、人の時間に合わせること。仕事や必要なときはそれでも割り切って合わせますが、自分のプライベートの楽しい趣味の時間にまでそんな余計な気を使いたくない、というのが本当のところ。

自分の釣りをしたい日に、行きたい時間に釣りに行って、自分の帰りたいタイミングで帰るこれができるのは1人だからこそです。

 

釣れてないときも他人に気を使って早めに切り上げるよりも、自分の気が済むまでやって、そのうえでのボウズなら私は納得できます。

 

気を使うことがない

 

人と釣りに行っても「俺は自分のやりたいようにやるから、あなたも勝手にやってね」とは中々なりません。そんな感じなら元から別々に行けって話ですから。

どうしても相手が「疲れてないかな~」とか、「楽しめてるかな~」というのを気にしてしまいますよね?

 

自分が先に釣った時も、「釣れたポイントを変わってあげようか」とか、「もし釣れなかったら申し訳ないなぁ」という気に、どうしてもなってしまいます。

 

たまに行くくらいならいいですが、毎回これだとさすがに疲れる。

その点1人なら、周りを気にせず自分の世界にこもって釣りに集中できます。大自然の中ぼんやりと海を眺めながら釣りをするもよし、全神経を使って魚のアタリに集中するもよし。

たまには1人でリラックスしてダラダラ釣りをするのもいいものですよ。

 

単独釣行によるデメリット

 

危険な場面で対応できない

 

1人での釣りで一番怖いのが、もしもの事態「落水・転落・怪我」の時にどうしようもなくなることです。

複数人でいれば、海に落ちたり転落しても救助を呼んでもらえますし、その場の人間で救助できる場合もあります。

 

これが1人だと一気に状況は悪化します。近くに別の釣り人でもいれば気づいてもらえるかもしれませんが、もしいなかったら海に落ちての浸水や、転落などの衝撃で自分のスマホが壊れていたり、身動きが取れない怪我や状況になった時になす術がありません。

 

1人で釣りに行くときはいつも以上に安全管理に気を配って釣りをしましょう!

 

1人で釣りに行くときに注意すること

 

安全装備を整える

 

デメリットの部分で書きましたが、1人で釣りに行く以上自分に何かあっても助けてくれる人はいないというくらいの気持ちで準備をしましょう。

他の釣り人が気づいてくれたり、助けてもらえるのは当然ではなく運がいいだけです。一緒に行く友人ほど、他の釣り人はあなたのことなど見ていません。

 

「ライフジャケット」・「靴」はもちろんのこと、必要に応じてヘッドライトグローブなど安全装備はしっかりしていきましょう。

 

なるべく人のいる釣り場を選ぶ

 

先ほど、他の釣り人の助けを当てにするな!と言いましたが、それでも他に人がいるいないでは安心感が全く違います。

滅多に人が来ない釣り場で落水しようものなら、もうどうしようもありません。自分の電話がつながることを祈るのみです。

 

携帯は防水使用に

 

海に落ちたり、怪我をして身動きが取れなくなった時に最終的に頼りになるのは「携帯」です。

頼みの綱の携帯が、波にさらわれたり海に落ちた時に水没して使えなくなっては意味がありませんよね

 

最近では「防水ケース」も種類が増え、比較的値段も落ち着いてきています。もしもの時に使えなくては意味がないので必ず備えておきましょう。

 

まとめ

 

単独釣行についてのメリット・デメリットを書いてみましたがいかがでしょうか?

1つ言っておきたいのは、私は複数人での釣りを否定しているわけではありませんので。友人と釣りに行って喜びを共有したり、わいわいする楽しさも知っています。

 

ただ、今回は単独釣行からの視点で書かせていただいたので、少し否定的に見えてしまう部分もあるかと思いますがご理解ください。

 

周りに一緒に釣りをする人がいない方や、今度1人で釣りに行ってみるという方は、この記事でも散々書いていますが安全には十分気を使って釣りに臨んでくださいね。

そのうえで思いっきり自分の時間を楽しんできてください。

それでは(‘ω’)ノ

リールの異音が騒音レベルになってきたのでラインローラーを清掃してみた。

2018.04.30

「ヤリイカエギング」釣り方を簡単に解説。

2018.01.18

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です