【山陰釣り場紹介】夢みなとタワー・イルカショー跡地



 

山陰釣り場紹介第一弾。

 

今回は鳥取県境港市にあります「夢みなとタワー周辺」をご紹介します。

 

※このブログの釣り場紹介ではあえて駐車場については書きません。現状、釣り人専用の駐車場などはどの釣り場にも存在せず、地域住民・周辺施設の方々のご理解によって使わせてもらっている場所がほとんどです。

なので釣り目的での駐車をされる方は、地域住民・周辺施設の方々の迷惑には絶対ならないように各自の自己判断でお願いします。

 

夢みなとタワー周辺

 

釣れる魚

 

チヌ(クロダイ)・・・フカセ釣りの人気ターゲット。「春の乗っ込み時期」・「秋口から晩秋」が主なシーズン。

警戒心が強い一方、雑食としても有名な魚で、噂では「スイカの皮」で釣れたこともあるとか・・。

その食性から様々な釣り方が生み出され、最近では「チニング」というルアーで狙う釣り方も人気。

・釣れる時期・・・通年

スズキ(シーバス)・・・ルアーフィッシングの定番魚。通年狙える魚だが、「春」と「秋」が最も釣りやすい時期になる。

その時期によって、「捕食するエサ」・「釣れる場所」が変わる非常にゲーム性の高い魚で、ルアーフィッシング初心者にもオススメ。

・釣れる時期・・・通年

【バチ抜け】春のバチパターンのシーバスを攻略!

メバル・・・エサでもルアーでも狙える人気ターゲット。「メバリング」と言われる、ライトタックルで狙うルアー釣りが人気で、釣りものの少ない「冬~春」の強い味方。

・釣れる時期・・・晩秋~春

【初めてのメバリング!】必要な知識とタックルを解説。

アジ・・・堤防釣りの定番魚。夏から秋にかけては「サビキ釣り」で、数釣りが望める。

ルアーで狙う「アジング」も人気で、場所によっては「尺アジ」と呼ばれるBIGサイズが釣れることもある。

・釣れる時期・・・春~秋

サゴシ(サワラ)・・・ルアー釣りで人気の大型魚。意外と簡単に釣れて引きも強いので、初心者の方にもオススメ。

太刀魚と同じく、歯が非常に鋭いのでルアーを外す際には注意が必要。

オススメは「鉄板系のバイブレーション」か「小型のメタルジグ(20~40g)」が、広い範囲も探れ、サゴシの反応も良いのでぜひ狙ってみてください!

・釣れる時期・・・秋~春

【サゴシ(サワラ)を攻略!!ショアジギングでの釣り方】

アオリイカ・・・「エギ」と呼ばれるルアーを用いた「エギング」で人気のターゲット。秋は小型の数釣り・春は大型の親イカが狙える。

食べても美味しく、ルアーフィッシングの入門としても人気の釣り。

・釣れる時期・・・春、秋

「初心者向け」 ボッチが教えるエギング入門~準備編~

 

ヤリイカ・・・山陰の冬の風物詩。主にエサを巻いた「テーラー」や「スッテ」を用いた釣り方が一般的。

群れに当たれば、入れ食い状態になることも多く、場所によっては一晩で50杯以上釣れることも。

エギングでも釣れます。

・釣れる時期・・・冬~初春

【ヤリイカを堤防で釣る! 定番仕掛けと釣り方を解説。】

その他の釣れる魚 「コウイカ」「キス」「クロアイ」「ワカナ」「カレイ」など

 

 

年間を通して「チヌスズキ」が狙え、イルカショー跡地付近は潮通しもよく「サワラ」の回遊が頻繁に見られる釣り場。

時折、サクラマス銀鮭などの珍しい魚が釣れることもあり、県外からここに来る釣り人も多い。

 

夢みなとタワー「東護岸壁」

 

 

東向きの釣り場で沖には沖波止が見えるが、事故が相次いだため現在は渡船は行われていない。

水深は7m前後で、夏には「アジ」釣りの人で賑わい、秋冬になると「サゴシ」の回遊もあるポイント

駐車場からも近く、足場もいいのでファミリーフィッシングにオススメできます。

 

西風に強いので、西風が強まる山陰の冬の時期には重宝する釣り場でもある。

注意点として、足場が高いので、魚の取り込み用に玉網がいることと(5m以上)、東護岸壁の北側は現在工事中でほとんど立ち入れない状況です。

ちなみに私が投稿している動画で「スズキ」をバラしたのもここのテトラです。

 

ボッチ
タモを忘れて何度後悔したか・・・

 

 

夢みなとタワー「南護岸壁」

 

 

南向きの釣り場で北風に強く、様々な魚種が狙える釣り場。水深は6m前後。

年間を通して常に釣り人がいる人気スポット特に「コウイカや「サワラの釣れる時期は、県外からの釣り人が増えて釣り場に立てないことも。

イルカショー跡地は柵が設置されており、転落の危険が少ないので子供連れの方はここがオススメ。

 

ボッチ
3月・4月は「コウイカ」「サワラ」の回遊が重なるので、週末は「境港の釣り人全員来てんじゃないの?」って感じです。

 

イルカショー跡地

 

ベイトの回遊も多く、それを狙って「サワラ」・「ワカナ」・「アカヒラなどの回遊魚が集まるためルアーフィッシングの好ポイントでもある。

こちらも足場が高いので取り込みの際は玉網があったほうが確実です。

 

周辺施設

 

トイレ

 

夢みなとタワーなどの周辺施設が営業している時間はそこで借りればいいですが、営業時間外は南護岸壁の「夢みなと公園」付近にトイレはあります

 

 

このような立て看板が各所にあるので現地に行けば分かると思います。

 

夢みなとタワー

 

日本一低いタワー」としても知られる(?)夢みなとタワーですが、周辺に遮るものが何もないので、日本海、国立公園大山、弓ヶ浜が一望できる素晴らしい眺めになっています。

中では季節ごとの催し物や、山陰のお土産が多く並ぶレトロな雰囲気の「みなと町商店街」や、「みなと町食堂」などもありますので釣りが終わってお時間ある方は立ち寄って見ては?

すぐ横に「みなと亭」というお食事処もありますのでぜひ!

 

まとめ

 

手軽に行けて釣れる魚も多い、夢みなとタワー周辺の紹介でした。

が、くれぐれも迷惑駐車や周辺の観光客の迷惑になる行為だけはしないようにしてください。

これからもみんなで気持ちよく釣りが出来る環境を維持していきましょう。

それでは(‘ω’)ノ

【山陰釣り場紹介】ヤリイカ釣りの隠れスポット!「美保関漁港 西波止」

2018.04.10

【山陰釣り場紹介】サゴシ釣りならココ!美保関港(東波止)

2018.04.08

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です