「初心者向け」ショアジギングで使うメタルジグの選び方



 

撃投ジグ」「コルトスナイパー」「ジグパラ」・・・などなど、最近はメタルジグの種類も多くなってきて、ジグを選ぶ!という楽しみ方も出来るようになってきましたね~。

ショアジギング経験者の方たちは、これらの商品からヒョヒョイっと自分の好みのものを選べると思いますが、これから始める初心者の方からすれば、

 

初心者
えぇ・・。「」や「重さ」の種類が多いし、それに左右非対称とか言われてもよくわかんないよ・・。

 

という方も多いはず。

そこで今回は、初心者のための「ショアジギングで使うメタルジグの選び方」を解説していきたいと思います!

 

初心者の方で迷っている方は是非参考にしてみてくださいね!

 

メタルジグの選び方

 

「形状の選び方」

 

メタルジグのタイプ別の特徴
左右対称タイプ・・・一般的なのがこの形。ロッドアクションへの反応も良く、引き重りも軽め。「ワンピッチ」「ハイピッチ」「スローピッチ」など様々なジャークに対応可能な万能型

飛距離もそこそこでフォールも早い方なので、手返しのいい釣りができる。悩んだらとりあえずこれでOK!

 

「左右非対称タイプ」・・・ストレートタイプとは違い左右非対称のボディで、不規則な動きをして魚にアピール出来るタイプフォールのアクションに特化したものが多く、そのため少し大きめのワンピッチか、ロングジャークと相性がいい。

 

アクションは大きめだが、「左右対称タイプ」に比べ引き重りがするので、「マズメ時」などの、ここぞ!という場面で使ってみるといいかも。

「ロングタイプ」・・・長いボディで大きめのアクションが特徴。ボディが大きいため、重量も大きくなりがちなので60g以上のものが多い印象。

こちらもロングジャークと相性がよく、フォール時にもスライドアクションで魚にアピールする。

 

「ショートタイプ」・・・ほかのジグより一回り小さいマッチTHEベイトを意識したジグ。同重量のジグと比べると飛距離も出て、引き抵抗も小さいので手返し良くできる。

確認できるベイトが、明らかに小さいときなどはこのタイプが有効になる場面も。

 

「スロージギングタイプ」・・・最近人気が出てきた木の葉型のタイプ。もともと船からのジギングで評判だったものが,最近ショアジギング用になって販売され始めた。

名前の通りスローに誘う釣り方で、大きめにシャクってフォールでヒラヒラと落ちていく使い方が一般的なので激しいシャクリは必要無い。魚の反応が渋いときなどに、これを使えばうまくスイッチを入れられるかも?!

 

大きく分けてこの5種類に分かれます。この中でおススメは?と聞かれれば私は「左右対称タイプ(長さはノーマル)」をオススメします。

よくも悪くも万能型ですので、慣れないうちはこの「左右対称タイプ」で、メタルジグの基本的な動かし方や、釣れる方法を試されるといいと思います。

 

「ウエイトバランス」

 

メタルジグのウエイトバランス
「センターウェイト」・・・ジグの中心に重心があるため、フォールの際にゆっくりと落ちていくので、水の抵抗を受けて不規則な動きを起こしやすい。前述の「左右非対称タイプ」などのフォールに特徴のあるジグに採用されやすい。スロージギング向き。

 

「フロントウエイト」・・・重心が竿先に近い位置にあるので、ロッド操作への反応が良く、キビキビシタアクションが可能。

ただ巻き」時の動きが、ベイトフィッシュに近いので、ただ巻きを多用される方にはオススメ。

 

「リアウェイト」・・・重心がジグのお尻にあるタイプ。他のジグに比べて飛距離が出やすく、フォールもリアから落ちていくので速く、手返しが非常に良くなる。

「ジャカジャカ巻き」などの、ハイスピードなアクション向き。

 

ウエイトバランスは主に3種類です。それぞれに特徴があり、その日の魚の活性や、潮の状況に応じて使い分けるといいと思います。

初心者の方に「とりあえず」で選んでもらうなら「リアウェイト」ですかね。

飛距離が安定して出やすいことと、「フロントウェイト」に近い操作感の良さがあるのでオススメです!

 

「重さ」

 

ジグのウエイトの選び方
堤防or漁港・・・~40gまでのジグで十分対応できます。基本は20~30gくらいのジグで、飛距離が欲しいときや風が強い・潮の流れが速いときは40gを使うといいでしょう。

地磯or沖磯・・・60~80gがメインになります。水深が深い・潮の流れが速いエリアでは100gのジグが必要になる場面も。

 

ジグの重さに関しては、「POINT」さんが無料配布している資料に「水深×1,5g=適合ジグの重さ」との記述がありますので、そちらを参考にしてください。

個人的には、この計算式の答え+20gくらいが、多少風が出てきても使える重さではないかと。

 

自分が通うフィールドで使うメインの重量付近を10g単位で持っておくといいと思います。

その日の海の状況に合った、やりやすいジグの重さが必ずありますので、何種類か持っておくとなおいいでしょう。

 

「カラー」

 

メタルジグのカラーについては、私はそんなにこだわりを持ってません。上に書いた「ジグの形状」や「重さ」ほど釣果に対する影響は無いかと思ってます。

あえてオススメするなら「ピンク」「ブルピン」「シルバー」「グロー」ですかね?あ、あとベイトの代表「イワシカラーも。

 

これらのカラーは、メタルジグに限らずほとんどのルアーで採用されているカラーで、実績も申し分ない。

魚が色をどれほど認識しているかは分かりませんが、もし見えているならこれらのカラーは、魚に対するアピール力は高いのだと思います。

私のローテーションは、光量の少ない朝マズメは「グローカラー」、もしくは今回の記事に関係ないですが「トッププラグ」「重めのメタルバイブ」で、それ以降は「ピンク」か「ブルピン」「シルバー」のローテーション。

ベイトが出ているようなら「イワシカラー」を使ってみる、といった感じです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?簡単ではありますが「初心者の方のメタルジグ選び」の参考になれば幸いです。 

今回書いた私の意見も、数あるうちの1つにすぎませんので、初心者の皆さんが「ショアジギング」を続けて、自分なりの釣り方・考え方を自分の経験で作り上げてください!

それが今回の記事に近しいものであれば、大変光栄です。

それでは(‘ω’)ノ

 

「このブログ面白かったから応援してやるよ!」という方がおられましたら、下にあるバナーをクリックしていただけると筆者のモチベーションに繋がりますのでよかったらm(__)m

にほんブログ村 釣りブログへ

【結局何時がいい?】ショアジギングで狙うべき時間帯。

2018.04.11

【ショアジギング】青物狙いでオススメのメタルジグをいくつか紹介

2018.04.01



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です